おなじみの日本犬… 柴犬の歴史

shiba

柴犬は日本古来から血統の続く由緒正しき日本犬です。
その歴史は遥か昔、縄文時代に遡り、柴犬の祖先とされる近縁種の骨が遺跡などがら発掘されています。

当時の柴犬役割は猟でした。ですから、ペットとして飼われるというよりも、人々の生活をサポートする猟犬として飼育されていたと考えられています。

今でも柴犬は猟犬であったころの性質を残しており、非常に活動的で好奇心旺盛です。また、主人に対して忠実であり、勇敢な性格も持っています。

日本的な環境にも適した体質でもあるため、ペットとして飼育しやすい犬種であるといわれています。

さて、現在ではペットとして人気の高い柴犬ですが、過去には個体数が大きく減ってしまった時期があります。

古くから猟犬として親しまれた柴犬でしたが、江戸時代になると海外との貿易が始まったことで、外来種が流入するようになりました。そのことから、猟犬として外来種が用いられたり、日本犬と外来種の交雑が進んでいきました。

また明治に入るとさらにそれが顕著となります。
そうして、だんだんと日本犬の純血統が少なくなっていきました。

そうしたことから、昭和に入り「日本犬保存会」が立ち上がりました。これによって日本犬の保護活動は進みました。さらに種の保存のために「信州柴」、「美濃柴」、「山陰柴」の三種の柴犬は天然記念物にも指定されました。

しかし、今はこの三種の柴犬は存在しません。それは第2次世界大戦のためです。

終戦後、日本では食糧難が続きますが、その影響と、犬ジステンパーというウイルス性の感染症が流行したことにより、当時いた柴犬の個体数が10分の1になってしまったのです。

三種の柴犬がいなくなってしまったのは、個体数を増やすため、それらの純血統を交雑したことによります。

当時は地域種それぞれに身体的特徴があったようですが、現在は失われてしまいました。
しかしながら、そうした努力のかいあって今でも柴犬が飼育できるのです。

★世界に羽ばたく、柴犬人気

不遇の歴史を辿ってきた柴犬でしたが、最近では日本のみならず、海外でも人気が出てきました。

柴犬は日本では知らない人はいないほどポピュラーな犬種ですが、アメリカでは1992年に犬種の認定を受けました。日本での歴史に比べると意外に思えてしまいます。

さて、アメリカでの歴史は浅い柴犬ですが、人気のほどはというと、右肩のぼりで上昇しているようなのです。その理由というのが、「とにかくかわいい」のだという。

洋犬だってかわいいに違いはないと思いますが、柴犬のかわいさは素朴な愛くるしさにあるようです。

今ではツイッターなどでペットの写真が多く掲載されますが、日本のブリーダーが挙げる柴犬写真の数々に海外のブリーダーは心をくすぐられるようです。

また、レディー・ガガが柴犬をペットにしていることも海外人気の要因の一つかもしれません。

犬と暮らし始める時に考えておきたい事

これから犬と暮らそうと考えている方は、目先の楽しさだけではなく将来にわたって飼い続けられるかという事を考えておくようにしましょう。

もちろん自分では責任を持って飼い続けるつもりでも、急に体調が悪くなったり、転居したりといった形で飼いつづけられなくなることもあります。そういったことを想定して準備しておくことが必要なのです。

犬の場合、10年から20年という長い期間生きることになります。
その間に面倒が見れなくなっても、誰かに代わりに見てもらえるような協力関係を作っておくべきです。

同居の家族はもちろんですが、離れて暮らす家族や近所の人などにももしもの時の協力をお願いしておきましょう。

特に近所の人へのご挨拶は必須です。迷惑をかけないつもりでも、犬が勝手に近所の庭に入り込んでしまったり、鳴き声で迷惑をかけてしまう事もあります。

また、犬が誤って迷ってしまった場合に、どのような犬か知ってもらっていれば見つけた時に報告してもらいやすいのです。

このように、長く一緒に暮らすことが出来るように周囲との関係をよくしておくという事もこれから犬を飼ううえで必要なことになります。

★知っておきたい介護のこと

元気なときは特に問題が起こらなかったとしても、
年齢を重ねるごとに犬も人間と同様に体や認知機能が衰えていくことになります。

その時に問題が起こりやすくなるのです。あらかじめ介護についても考えておくことでその時のショックやつらさを軽減することが出来ます。

基本的には7歳以降をシニア犬と呼んでいます。

その年齢を超えたらあまり無理をさせないことを意識していきましょう。特に関節の異常などが起きやすくなりますから、フードにグルコサミンなどが含まれたものを食べさせてみるのも予防という面からみると効果があります。

フード自体を変えなくてもフードに混ぜることが出来るものもありますから、試してみるとよいでしょう。

また、人間でいえば認知症のような症状も出てきます。
これまでできていたことが出来なくなったり、吠え続けたり、歩きつづけたりといった行動が出てくることもあります。

それは仕方のないこととしてゆったりと見守ってあげましょう。

動くときに危なくないように、ぶつかりそうなところはカバーしておく、おもらししてもいいように動くところにはペットシーツを敷いておくなどという形で準備しておくと、気持ちも体も楽になるはずです。

ヨークシャーテリア|意外と気が短く扱いにくい面も

ヨークシャーテリア、ヨーキーの愛称で親しまれている。
コンパクトな体に光沢のある美しい長毛から「動く宝石」
とも呼ばれます。

ヨーキーは19世紀中期、ヨーク州の工業地帯で工員や炭坑夫の家屋を荒らすネズミを退治する実用犬として作られました。
工業地帯に従業員とともにやってきた、スカイ・テリア、マルチーズ、マンチェスター・テリア、ダンディ・ディンモント・テリアなどを交配して作り出された猟犬が祖先です。

やがて、美しい毛色の物を選別して、さらに小さく改良されると貴族の間で抱き犬として大流行しました。

幼犬の頃は、鼻先と足以外の毛色はほぼ黒ですが、成長につれ変化して、最終的な毛色になるのは2歳以降です。
被毛は年とともに全体的にシルバーに近づいていきます。

長くてしなやかな毛を保つためには毎日のブラッシングはとても大切です。

顔の毛も伸びるので目に毛が入らないようにしたり、食後に口の汚れをとってあげます。
足の裏毛も定期的にカットしてフローリングでの転倒を防ぎます。
肛門周りの毛もカットして清潔を保ちます。

かかりやすい病気には、膝蓋骨脱臼・心臓疾患・尿結石があります。
足が細いにもかかわらず、ジャンプをしたり2本足で立つなど足に負担のかかる動きもするので、じん帯を痛めないように気を付けます。

寒さに弱い犬種なので、冬は部屋を暖かくしてあげます。

運動量は10分くらいを普通に歩く散歩を一日2回ほど必要です。

平均的な体高は23cm前後、体重は3キロ以内ですが、チワワよりも小さいヨーキーや、体重が7キロもあるヨーキーなどサイズには開きがあります。

また、被毛にも違いがあり、シルクのように細くて黄金に輝く被毛のヨーキーや、少し太い毛のヨーキーもいます。

★ヨークシャーテリアの性格は

ネズミ退治をしていたころの気の強さと大胆さは今でも健在で、上流階級のお嬢様のような風情からは想像もつかないほど、気が短く興奮しやすい性格です。

ネズミ退治を引退して愛玩犬になってからは、お世話されたり、可愛がられることが仕事になったため、飼い主の愛を独占していないと、情緒不安定になってしまう一面もあります。

自己主張が強く、物事に勇敢に立ち向かう反面、甘えん坊で寂しがりやのうえ、警戒心も強いので、長時間の留守番や見知らぬところに預けられると、ストレスで体調を壊してしまう繊細な部分もあります。

飼い方により、頑固な面が前面に出てしまう可能性があるので、過保護にして甘やかしすぎることのないように愛情を注ぎ、飼い主がコントロール出来るように信頼関係を築くことがたいせつです。

性格や毛の手入れなどから扱いにくい印象がありますが、信頼関係を築くことができれば家族を100%信頼し、番犬としても活躍します。

■ワンちゃんとの豊かな暮らしのヒントがいっぱいのサイトはこちら

無添加ドッグフードえらび.com|後悔しない逸品の見つけ方

毎年変わらない人気犬種トップ3

人気犬種トップ3は、毎年変わりません。トイ・プードル、ミニチュアダックスフンド、チワワです。なぜこれらの犬種が、毎年トップ3なのでしょうか。

答えは、色々あると思いますが、人気が確立されており、日頃よく見るし、ペットショップやブリーダーも多く繁殖させているという事が、大きく影響していると思います。

最近は、ペット飼育が可能な賃貸マンションも増えており、特に若い女性が、飼育するケースが増えています。若い女性は、見た目が可愛く、小さな犬を飼育する傾向が強いため、チワワやトイ・プードルが、人気犬種となっています。

トイ・プードルでもミニチュアトイ・プードルと言われる2キロ前後の個体やティーカップ・プードルと言われる2キロ未満の個体が、特に人気があります。

★人気犬種トップ3の特徴

トイ・プードルは、様々なカットを楽しむことが出来ます。定番は、テディベアカットですが、色々なカットが存在します。

最近は、カラーで染めるのも流行していますし、バリカンでハートマークやキスマークを作るワンポイントカットまであります。性格的には、とても人懐っこく、寂しがりやです。一人で留守番するのが、とても苦手な犬種です。

また、イタズラも大好きであり、とても悪知恵が働きます。例えるなら、悪女といった感じです。

ミニチュアダックスフンドは、短足胴長の愛らしいルックスが特徴です。とても運動要求量が多く、散歩が大好きです。また、家の中を元気よく走り回ります。

とにかく、遊ぶことが大好きです。メンタル的にもとても強く、少々怒られたぐらいでは、全く凹みません。また、病気や怪我にも強く、肉体的にも凄く丈夫です。そのため、非常に飼いやすい犬種だと言えます。

例えるなら、わんぱく小僧といった感じです。

チワワは、メキシコが原産の犬であり、世界で一番小さな犬種として犬種登録されています。ちなみに、メキシコのチワワで発見されたから、チワワという名前です。

体重2キロ程であり、華奢な体格をしています。性格は、ややきつめであり、知らない人に対して警戒心がとても強いです。番犬向きの性格です。

ただ、来客等が可愛いと触ろうとすると、吠えるだけでなく噛むこともあり、注意が必要です。例えるなら、気品ある貴族といった感じに思います。

大変寿命が長い犬種としても知られており、15~18年ほど生きるケースが多いですね。

小学生の時に飼いはじめたシーズーに始まり・・・

私が小学生の時に、シーズーを飼うことになりました。動物嫌いの母は最初反対をしていたのですが、私はどうしても犬を飼ってみたいと言うので、とうとう飼うことをOKしてくれました。

私は一人っ子で、周りの友達が兄弟で遊ぶ姿をいつも羨ましく思っていました。兄弟の代わりに犬がいたらなぁと思うようになり、母に頼むことにしたんです。

子犬が来たときは本当に嬉しくて、この子を大切に育てよう、お世話しようと思いました。あっという間に大きくなりましたが、とても可愛くて毎朝散歩に連れて行きました。きちんと私がお世話をするという条件で母が飼うことをOKしてくれたんです。

ご飯を食べている姿も、ボール遊びをしている姿も、一緒に寝ている時も本当に可愛くて、ペットではなく家族だと思って接していました。

オスだったので弟のように可愛がっていました。愛犬の性格はおとなしくて優しいんです。ほとんど吠えることはなく、誰が来ても触らせてくれましたし、おとなしくしていました。

よく一緒にキャンプに行きましたし、旅行にも行きました。どこに行くにも一緒に生活をしていました。母も私がこんなにしっかりお世話をするとは思っていなかったらしく、犬を飼って良かったねと言ってくれました。

大学生の時に亡くなってしまいましたが、今でも私の心で愛犬は生きています。結婚してからも飼っていた我が家の愛犬は、去年静かに息を引き取りました。年齢は何歳だったのだろう。

やがて結婚し、一番下の息子が、近所で生まれた子犬を3か月ぐらいのときに貰ってきのがもう10年ぐらい前です。小型の雑種で、よく食べ走る元気な子犬でした。茶色のブチが入った子犬は、息子が「ラスト」と名づけました。

なぜその名前にしたのか、理由はないみたいですが、その当時流行っていたアニメの登場人物の名前だったようです。外犬として飼っていたのですが、そのアニメの登場人物のように、爪が長く伸びていたのが特徴でした。クリクリとした大きな目をしていた「ラスト」

お尻を少しずらしてお座りする姿がとても愛らし犬です。かけっこが好きで、走り出すと止まることを忘れたかのように走ります。

時には番犬としてちゃんと役にも立っていたようです。

家が住宅ということもあって、2年くらい祖母の畑にお世話になりましたが、エサをあげに顔をのぞかせると、飛んで喜ぶ姿が今でも目に浮かびます。後ろ足でピョンピョンと器用に移動したり、そんな姿を思い出すと可哀そうで、もうペットを飼うことはないんだろうと思ってしまいます。

不登校児だった息子のより所的存在だった「ラスト」。彼女が亡くなって息子は少し変わり、彼女の分も頑張っているかのように毎日学校へ通うようになりました。

ペットロスで深い悲しみに落ちてしまう人もいますが、我が家のペットは、息子に生きる道を示してくれたようなそんな感じさえします。

今までありがとう。またどこかで会えるといいね。

実家の愛犬「プリ」は15歳のおばあちゃん犬

我が家の愛犬

私の実家には白い犬がいます。一見ソフトバンクのCMに出てくる犬によく似ていますが雑種です。

名前はプリというのですが、いつも番犬として外で頑張っているのですが、プリはとても神経質といいますか、遠くからだれか人が歩いてきていても必ず知らない人には吠えます。遠くといいますのは、300メートルくらい離れていてもなんです。

犬が感知できる音遠いいますのはどのくらいかしりませんが、かなり神経質なのだと思ってます。

そんな感じなので番犬としては本当に素晴らしい犬だと感心しているのですが、あまりにも神経質なような気がいたしますので困っていることもあります。

散歩とかはたまにするのですが、ストレスは普段たまっていると思うんです。ただ家の周辺は地方のいなかにありますから、猫やへび、いたち、たぬき、などたくさんの動物がうろうろしているんです。

それでつないでいますが、プリの近くに来た動物は逃げ遅れますと、即やられてしまうんですね。犬ですから外敵から身を守ろうとするのはもちろんわかるのですが、やられた後の動物がかわいそうでですね。

そこまでしなくてもとか思ったりしますが、やはり犬も生きるのに必死なんですね。それしても家の犬は本当に隙がありません。

現在は結婚して実家を出てしまっていますが、実家にはプリが今も元気に暮らしています。当時のこともいろいろ思い出しちゃいますね。。

犬というよりペットを飼う事自体が初心者で、当時はネットが無かったので、犬の躾の本等を沢山買って勉強しました。生後2ヶ月ちょっとで我が家に来た愛犬はそれは、小さくて本当に可愛かったです。ただ、仔犬は可愛いだけでは済まされませんでした。

何もかもが初めての経験で、色々と驚く事が多かったというのが本音です。仔犬は確かに可愛いですが、人間の赤ちゃんと同様に手が掛かりました。

夜鳴きは毎晩しますし、トイレは直ぐにしてしまって、絨毯や布団に粗相をされたり、ご飯は3時間置きにドッグフードをふやかした物や犬用ミルクを与えて、日々世話に奮闘していた記憶が多かったです。

犬を飼うのが初めてで、いきなり仔犬を育てたので戸惑う事が多く、可愛い時期はあっという間に過ぎ、今では15歳のおばあちゃん犬です。

勿論、今でも可愛いですが、元気でずっと長生きして欲しいですね。老犬になった今は活発に遊ばなくなりましたが、日々穏やかに過ごしてくれています。

私の家族と人生をすごした三匹の犬

かわいいドッグ

私の愛犬との出逢いは、街の広場で見かけた犬の里親募集をしているトラックでした。

トラックには成犬もいましたが、当時十代だった私の目を惹いたのは仔犬のケージでした。

ケージの中では兄弟らしい5、6匹の仔犬が、ちょっかいを出す人間たちの手にじゃれついたり跳ねまわっていました。その隅で、じっと身動きもせずにうずくまり、兄弟たちに踏みつけられていたのが愛犬でした。

他の子たちはみんな黒い毛色の中、その子だけ真っ白でした。

その場には私の母も一緒にいました。その頃、我が家では飼っていた猫を亡くした淋しさもあって、その白い仔犬をもらって帰ることになりました。

両掌に乗るほどの大きさだった仔犬は、すくすくと大きくなり、一年で20キロ超の中大型犬に成長しました。よく紀州犬や秋田犬?と言われましたが、ラブとシェパードがかなり混ざっていたと思います。飼い主の欲目でなく、散歩中によく声をかけられる美犬の女の子でした。

私の家で犬を飼うのは初めてで、元々、内向的な性格の犬だったのだと思いますが、私たちが適切な躾をしてあげられなかったせいで、とても人見知りで怖がりの犬になってしまいました。

もっと色んな犬や人と楽しく遊べるようにしてやりたかったと後悔しています。

大人になったら庭で飼うと言っていたのですが、臆病なので可哀想で出せなくなり、終生室内犬になりました。

病院と薬が大嫌いで、散歩と母が大好きでした。享年14歳でした。

つぎに飼った犬は一応設定は兄妹ですが血は繋がっていません。

先住犬の兄が1歳半を過ぎた頃に、ネットで里親募集をしていたワンコに運命を感じて家族に迎えました。後輩犬の妹が家にきた当日こそ兄が妹に威嚇をしていましたが、2日目からはとても可愛がり始めました。

私が妹犬をしかると、やめてくれとばかりに前に立ちふさがるくらいに、妹犬を愛し始めました。

外に出かけてドッグランを利用したりしていると、他の犬が妹犬にチョッカイをかけると兄犬は真剣に怒って相手に詰め寄ります。相手を威嚇して、妹にドヤ顔をするも妹犬はもうすでに傍にはおらず、兄は働き損のことも多々あります。

お散歩で妹の姿が見えなくなると常に心配して鳴き、別ルートで散歩している姿を見つけると凄いスピードで傍によっていきます。

家の中でお気にいりの場所があっても、妹がそこを利用したいからと傍によるとその場を譲ります。

外でお水やオヤツを食べる際も、妹に先を譲ります。でも妹は全く感謝している様子もなく、遠慮なくオヤツを先に食べてしまいます。

そんなわがままな妹と優しい兄の2頭の相性は最高だと思っています。

寒い冬、我が家のワンズは仲良くストーブの前で寝ています。その姿を見ているだけで幸せを感じています。